コピー機リースで経費削減!コピー機.net

コピー機販売業界の激安の殿堂サイト

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅳ C2263
よりコンパクトでより静かに、さらに身近で快適なオフィスワークを実現するカラー・モノクロ複合機
詳しくはこちら

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅴ C7775/C6675/C5575/C4475/C3375/C2275
「人検知」「顔認識」の2つのカメラで利用者の顔を認識し
「個人メニュー画面」を呼び出す新機能搭載フルカラーデジタル複合機

詳しくはこちら

ind_pic_mfx3600.jpg
muratec MFX-3600
フルカラースキャナー搭載・デジタルモノクロ複合機
詳しくはこちら

photo_c3680.jpg
muratec MFX-C3680/MFX-C2880/MFX-C2280
ネットワーク対応・デジタルカラー複合機
詳しくはこちら

コピー機用語の基礎知識

コピー機用語の基礎知識
用語 意味
アナログ複写機 一般にPPC(Plain Paper Copier)と呼ばれるアナログ複写機は、日本に浸透されおり、オフィスの必需品ともいえるOA機器でしたが、 近年の複写機のトップメーカーではこれらに替わる「デジタル複写機」への機種転換が急速に行われており、アナログ複写機は数年後にはほとんどのオフィスから姿を消すと予想されています。
ウィングレス設計 排紙部分を本体に収めてある設計のこと。
ウォームアップタイム 電源を入れた時から、コピー可能状態になるまでの所要時間。
オフセット機能 印刷物をジョブ単位で左右交互にずらして排出する機能のこと。
オートトレイチェンジ機能 用紙がなくなった際、自動的にトレイを変更する機能のこと。
解像度(dpi) 印刷の際にとても大切なのが画像データそのものの解像度です。印刷や取り込みで「画像のきめ細かさ」を表すための「割合」を示す数値です。
階調数 同一色で表現可能な、異なった濃度の数のこと。
回転コピー 自動的に90度回転させてタテ方向の用紙にプリントアウトできる機能のこと。
拡大連写 1ページ分の原稿を拡大し、複数枚の用紙に印刷する機能のこと。
感熱紙 熱に反応して黒くなるよう加工された印刷用紙。感熱紙は片面にだけ発色剤が塗られているため、裏表を間違えると印刷ができない特徴をもつ。
給紙トレイ 出力する為に用紙を置いておくトレイのこと。
給紙容量 給紙トレイに置いておける用紙の枚数のこと。
黒つぶれ

黒い部分の階調が、これ以上は入らないほど、一杯になりデータがない状態。対照的に反対に白が多い状態を「白とび」と呼ぶ。

原稿自動送り装(ADF) Auto Document Feederの略で、一度に複数枚の原稿をセットでき、自動的に連続読み取りができる装置のこと。
合成コピー B5などの小さい原稿を複数枚FAX受信した時に1枚の紙にまとめて(合成して)プリントアウトする機能。
固定倍率 拡大縮小される機能の倍率のこと。
固定倍率コピー 拡大や縮小コピーをとる時、機械が原稿を自動認識できない場合やそのような機能がついていない場合などに倍率を入力しなければならないが、定型から定型への拡大・縮小ができる機能。
コピー 複写、複製。
コピータイム 複写機のもっとも基本的な機能で、1分間でコピー用紙を何枚プリントできるかという性能のこと。
コピー濃度選択 コピー機能の基本的な機能。濃度自動調整を選択すると、ある一定のレベル以下または以上で白と黒に振り分けることできる機能のこと。
コピーボリューム ある一定期間にコピーされる枚数のことで。
コピースピード コピーの出力の速さ。毎分/枚
差し込みページ ADF(原稿自動送り装置)にセットできる複数ページのシート原稿で作成するコピーのページ間に、ブック原稿や写真、立体物などADFが使えない原稿から のコピーを指示通りに挿入して一括コピーする機能。
サドルステッチフィニッシャー 中綴じ紙折製本や仕分けや中とじ、中折りとじステープルまで行うことができる機能のこと。
自動原稿サイズ検知機能 セットした原稿のサイズを自動的に検知する機能のこと。
自動倍率選択 A4やB4など定型の用紙から定型の大きさに拡大・縮小するときは、出力したい用紙のサイズを選択するだけで自動的に倍率設定してくれる機能のこと。
自動露光 原稿の濃淡に合わせコピーの濃度を自動的に調整する機能のこと。
自動用紙選択 コピーをしようとガラス面に原稿を置くと、自動的に原稿のサイズを検知して、最適な用紙カセットを選択する機能のこと。
白黒反転機能 原稿の白黒を反転してコピーする機能のこと。
白とび 空や白い服などの明るい部分の階調が失われていること。対照的に反対に白が多い状態を「黒つぶれ」と呼ぶ。
シングルスキャンシステム 1回の読み込みで多部数コピーが可能な機能のこと。
ズーム機能 コピーされた画像が原稿に対して、用紙に合った倍率を自動・手動で選択/倍率に合った用紙を自動的に選択する機能のこと。
ステープル機能 ソート機能に付随させることのできる機能で仕分けた用紙をホッチキス止めする機能のこと。
センターリング機能 コピーしたい画像を用紙の中央に移動させてコピーする機能のこと。
センター消去/枠消去機能 本をコピーする時に出来る黒い線を消してコピーする事が出来る機能のこと。
ソーター 用紙をセットし,簡単なボタン操作だけで用紙をソート(ページ揃え)してくれる機能のこと。
ソート 並び替えのこと。差し替えなど。
縦横独立変倍 縦方向と横方向で異なる倍率のコピーが可能な機能のこと。
ダブルコピー A5判・A6判のような小さな原稿を、A4判・B5判など2倍サイズの用紙1枚に、コピー2枚分の原寸イメージとして出力すること。
手差しトレイ 給紙トレイ以外のサイズやその他の種類を印刷する時に使用するトレイのこと。
デジタル複写機 原稿類をCCD等の光センサーにより走査し、画僧に分解、デジタル信号に変換する原稿読み取り、それぞれの方式により電気信号により画像情報が伝達して複写する装置を言う。
デベロッパー 現像剤。トナーを帯電させる為の鉄粉のこと。
電子写真(レーザ)記録方式 レーザにより感光体(ドラム)に潜像を磁化感光させた所にトナーを吸着させる方式のこと。
電子写真(LED)方式 主に光素子によりドラムに画像を磁化感光させた所に、トナーを吸着させる方式のこと。
電子ソート 複数ページの原稿をメモリまたは、ハードディスクにまとめて読み込み、自動的に丁合いした状態でページ順にコピーを1部ずつ出力する機能のこと。
電話/FAX自動切り替え 電話とFAXが一緒になっている事務所でも、外部電話を接続して、FAXは複写機で受けて、電話は手持ちの電話機で受けられる機能のこと。
とじしろ機能 自動的にとじしろを設定する機能のこと。
トナー コピー機や電子写真方式のプリンタで用いられる炭素の粉末のこと。
トナーカートリッジ 印刷に使われるトナーが入っているカートリッジのこと。
トナーセーブ印刷 トナー消費量を節約できる機能のこと。
トナー容量 トナー1本分のグラム数のこと。
ドラム(感光体) 複写機・複合体の心臓部のこと。静電潜像を記録し、帯電させたトナーを付着し紙に写す役目を果たす物。
トリミング機能 原稿の中で指定した範囲だけを抜き出して、コピーする機能のこと。
中綴じ/週刊紙綴じ 本のようにコ ピーする機能のこと。
任意倍率コピー 任意の入力でコピー倍率を指定してコピーすること。
ネットワークプリンタ ネットワーク接続が可能なプリンタのこと。
排紙容量 処理が済んだ用紙を蓄えておける枚数のこと。
パワーセーブモード コピー終了後所定時間が経過すると、自動的に電源が切り、消費電力を節減する省エネ機能のこと。
表紙挿入機能 コピーする時に手差しを使って自動的に色紙に表紙部分や裏表紙部分をコピーすることができる機能のこと。
ファーストコピータイム コピーボタンを押してから1枚目のコピーが排出し終わるまでの時間のこと。
複写倍率(拡大・縮小)
  キット方式 縮小
同系列 A5→A4
A4→A3
B5→B4
141% A3→A4
B4→B5
70%
異系列 A5→B5
A4→B4
122% A4→B5
A3→B4
86%
B5→A4
B4→A3
115% B4→A4 81%
         
普通紙(カット紙) 決められた寸法によって定型にカットされた用紙。
普通紙(ロール状) A4やB4幅の巻き紙のこと。
部門管理カウンター 部門ごとのコピー管理により、枚数を簡単にチェックできる機能のこと。
フラットベッドスキャナ コピー機のようにガラス面に原稿などを置き、上ブタをかぶせて読み取る方式のスキャナのこと。
フリクションパッド 摩擦により用紙を1枚ずつ送るための物。
プリント追い越し機能 A3用紙のプリント時にトレイのA3用紙がなかった場合、A4用紙などの処理可能ジョブがあれば、そちらを優先してプリントアウトする機能のこと。
フルカラー True Colorのこと。1677万7216種類の色を表現することができる。
ページ印刷 コピーすると同時にページ番号を自動的に印刷する機能のこと。
用紙サイズ
用紙種類 サイズ
A3 420×297mm
B4 364×257mm
A4 297×210mm
B5 257×182mm
A5 210×148mm
B6 182×128mm
自動繰込み最小サイズ 100×120mm
用紙/倍率自動選択 コピーしたい用紙サイズ、倍率を機械が自動的に選択する機能のこと。
用紙の重量 全版サイズの用紙1.000枚の重量をkg、または1㎡当たりの重量をg/㎡で表示する。
ランドスケープ(モード) 上下の長さよりも、左右の長さが長くなるように用紙を使って印刷するモード。
リピートコピー機能 1枚の原稿のイメージをメモリに蓄積し、縮小したイメージを1枚のコピー用紙に複数個(2/4/8/16/32/64)を配列して、繰り返し出力する機能のこと。
両面原稿自動送り装置(RADF) 読み取り部分が移動式の両面原稿読取装置のこと。
両面原稿自動送り装置(RSPF) 読み取り部分が固定式の両面原稿読取装置のこと。
両面コピー機能 用紙の両面にコピーができる機能のこと。
両面モジュール 用紙の両面にコピーを可能にする装置のこと。
レーザプリンタ ドラムやトナーを使って印刷するプリンタのこと。
連続給紙 1つの給紙トレイの用紙がなくなった時に、自動的に別の給紙トレイから給紙されること。
枠消去機能 厚手の原稿や本などをコピーした時にできる影を消すことができる機能のこと。
割り込み機能 連続コピー中に割り込んで別の印刷を行う機能のこと。