コピー機リースで経費削減!コピー機.net

コピー機販売業界の激安の殿堂サイト

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅳ C2263
よりコンパクトでより静かに、さらに身近で快適なオフィスワークを実現するカラー・モノクロ複合機
詳しくはこちら

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅴ C7775/C6675/C5575/C4475/C3375/C2275
「人検知」「顔認識」の2つのカメラで利用者の顔を認識し
「個人メニュー画面」を呼び出す新機能搭載フルカラーデジタル複合機

詳しくはこちら

ind_pic_mfx3600.jpg
muratec MFX-3600
フルカラースキャナー搭載・デジタルモノクロ複合機
詳しくはこちら

photo_c3680.jpg
muratec MFX-C3680/MFX-C2880/MFX-C2280
ネットワーク対応・デジタルカラー複合機
詳しくはこちら

コピー

レイアウトを工夫する
コピーイメージ8 画像を中央に移動してコピー
センター移動

画像を中央に移動させてコピーします。原稿のサイズよりもコピーする用紙サイズが大きい場合に便利です。



コピーイメージ9 原稿まわりの黒枠を消去してコピー
枠消し

原稿のまわりにできた黒い枠を消去してコピー。シート枠消し・ブック(本の回りや中央の黒い枠別に設定可能)枠消・個別(上下左右の枠消し幅を別々に設定)枠消しを選択できます。


コピーイメージ10 とじしろ余白設定をしてコピー
とじしろコピー

原稿の画像位置をずらしてコピーし、左側(右側)または上側(下側)にとじしろ(余白)を作成。とじしろ幅は0 mm~ 18 mm(1 mm 単位)の範囲で設定可能。両面コピーの場合、うら面のとじしろ(余白)も設定可能(自動:おもて面のとじしろ設定にて、左右のとじしろをおもて面と反対側に作成。おもてうら独立設定:おもて面とうら面を別々に設定。)


コピーイメージ11 複数枚原稿を一枚原稿にコピー
集約コピー

2 枚または4 枚の原稿を、1 枚のコピーに集約。また、各原稿のページ区切りを実線、点線で区切ることも可能です。



コピーイメージ12 コメントスペースを確保してコピー
書き込み余白

コピーした用紙にコメントを書き込めるスペース(余白)を配置。また、2 枚の原稿を1 枚 の用紙にコピー、余白を設けることも可能です。


キレイにコピーする
原稿に最適なコピー画質を選ぶ
画質の選択

原稿の種類に合わせて適切な画像処理を行います。「文字+写真」「印画紙(カメラ撮影写真)」「印刷(雑誌など写真画像)」「文字」「地図」の選択肢を用意。



コピーイメージ2 コピー濃度を好みに合わせて調整する
濃度調整

コピー画像の濃度を調整出来ます。鉛筆書きなどの薄い文字は、濃度を濃くすることでキレイにコピー出来ます。また新聞や青焼きなど地色のある原稿は濃度を薄くするこが効果的です。


コピーイメージ3 画像の輪郭の強弱を調整する
シャープネス調整

画像の輪郭の強弱を調整します。鉛筆で書かれた原稿などをコピーする際に、文字や線 がかすれたり、つぶれたりするような場合、シャープネスを[強く]に調整すると文字や線が鮮明にコピーできます。また、雑誌の写真など網点で表現される画像をコピーする際に、モアレが発生する場合、シャープネスを[弱く]に調整すると、輪郭をぼかしてモアレを弱めることができます。


コピーイメージ4 カラー原稿の地色に合わせた濃度調整
地色調整

カラー原稿の地色が濃い場合に薄く調整すると効果的です。 ※フルカラーコピー、自動カラーコピー時に機能します。ただし、自動カラーコピー時に 白黒と判定された場合は、地色調整は機能しません。


コピーイメージ5 色調(色の強弱)を細かく調整する
カラーバランス調整

シアン(青系色)、マゼンタ(赤系色)、イエロー(黄色)、ブラック(黒)のそれぞれの色の強弱が調整可能で、微妙な色調を調整出来ます。


コピーイメージ6 色調(色合い)を調整する
色相調整

赤を黄色の強い赤にしたり、黄色を黄緑色に近い色にしたりするなど、色合いを調整することでイメージの変わったカラーコピーが可能です。



コピーイメージ7 イメージに合わせてお好みの画質を設定
ワンタッチ画質調整

《あざやかに、シックに、メリハリつけて、なめらかに、かるく、おもく》などから、イメージにあわせて、画質を簡単に調整出来ます。


仕上げを工夫する
コピーイメージ13 1部づつ、分かる様に仕分ける
仕分けコピー

オプションのドキュメントフィニッシャを使用しない場合でも、1 部出力ごとに用紙を90 度回転させて排紙し部数単位で仕分けします。注意:仕分けコピーを行う場合は、同じサイズで向きが異なる用紙がセットされている必要があります。



コピーイメージ14 ホッチキスで留めて仕上げる
ステープル

仕上がったコピーにステープルで綴じて仕上げ出来ます。注意:オプションのドキュメントフィニッシャまたは3000 枚ドキュメントフィニッシャが必要です。


コピーイメージ15 穴開け仕上げでパイプ式ファイルにファイル
パンチコピー

仕上がったコピーにパンチ穴を開けて仕上げ出来ます。注意:オプションの3000 枚ドキュメントフィニッシャとパンチユニットが必要です。


コピーイメージ16 仕上がり工夫で小冊子作成
小冊子

両面または片面原稿のシート原稿を見開き両面コピーに出来ます。仕上がったコピーを重ねて折れば、雑誌やパンフレット状の小雑誌のように仕上がります。表紙用にカラー紙や厚紙を挿入することも可能で、オプションの3000 枚ドキュメントフィニッシャおよび中折りユニットを使用すると、中とじ+ 中折り(仕上がりの中央にステープルして2 つに折ること)も自動で実現出来ます。


コピー部数が多い時の工夫
コピーイメージ17 ミスプリントを防止する
試しコピー/プリント

大量の部数をコピーする前に1 部だけ試し出力。確認後設定部数の出力開始。問題がある場合、キャンセルも可能です。ミスプリントによる大量消費の防止に効果的です



コピーイメージ18 一部追加に便利な追加設定コピー
再コピー/プリント

コピー終了後、再度コピーが必要となったときに、追加出力できる機能。詳細な設定および複雑な設定があった場合、機能的に便利。機密保持のため再コピー設定時に再出力コードを設定することも可能で、再出力時に再出力コードを入力すれば出力出来ます。


コピーイメージ19 カラーコピーと白黒コピーを同時に行う
配布コピー

カラーコピーと白黒コピーを同時に必要部数を設定して行えます。カラーコピーの必要部数が少なく、残りを白黒コピーで代用する場合便利です。


冊子やサイズ違いの原稿をコピーする
コピーイメージ20 自動原稿送りに通せない、冊子などをコピーする
連続読み込みコピー

オプションの原稿送り装置を使用しなくても、ページ順に並び替えたコピーを必要部数作成することができます。また、原稿枚数が多くて、一度に原稿送り装置にセットできない場合でも、数回に分けて原稿送り装置から読み込み、一括して出力することができます。



コピーイメージ21 A4、A3が混在した原稿をコピーする
原稿サイズ混載コピー

原稿幅が同じであれば、原稿を一度にセットするだけで、原稿サイズを1 枚ずつ検知し、各原稿と同じサイズの用紙でコピー出来ます。または同じ用紙サイズに統一コピーすることも可能です。注意:オプションの原稿送り装置が必要。最大枚数30 枚。使用可能原稿は(A3 とA4 あるいはB4 とB5 )


プラスαの活用機能 (実用的)
コピーイメージ22 ページ番号を記載してコピー
ページ付け

順番にページ番号を、原稿の下側中央に付加出来ます。表記は[- 1 -]、[P.1]、[1/n]の3 種類から可能。※[1/n]を選択した場合、「n」に総ページ数が表示。



コピーイメージ23 複数原稿スキャンで一括印刷
応用コピー

原稿を複数回に分けて読み込み、一括して印刷。一度に読み込む原稿をひとつのステップとして読み込むため、ステップごとに拡大/ 縮小、枠消し、原稿のタイプの指定などを設定。またステップとステップの間に白紙を挿入、両面コピー時にステップの最初のページを表紙として設定することも可能です。


コピーイメージ24 トナー消費を抑えて出力
エコプリント

試しコピーなど高品質なコピーが必要でないとき、エコプリントを設定すると、画像がやや薄くなるが、トナーの消費量が節約出来ます。


コピーイメージ25 一色指定でコピー
単色カラーコピー

シアン、マゼンタ、イエロー、レッド、グリーン、ブルーから1 色を指定して、原稿の種類に関係なくその色でコピー出来ます


プラスαの活用機能 (お楽しみ)
コピーイメージ26 拡大後画像を複数枚に分割(ポスターを作る)
拡大連写

仕上がりの用紙サイズが、A0、A1、A2 の場合、拡大後の画像を複数枚に分割してコピー出来ます。仕上がったコピーには重複する部分があり、この部分を貼り合わせて1 枚の画像として完成します。



コピーイメージ27 原稿を1枚の用紙に繰り返しコピー
イメージリピートコピー

原稿を1 枚の用紙に繰り返しコピー出来ます。また、原稿から繰り返す範囲を設定することも可能です。



コピーイメージ28 原稿を鏡のように反転したコピー
鏡像コピー

原稿を鏡に映したように反転してコピー出来ます。



コピーイメージ29 画像を白黒反転してコピー
白黒反転コピー

白黒コピー時に、画像の白と黒を反転して(逆にして)コピー出来ます。


表紙・合紙を設定する
コピーイメージ30 表紙に別の紙をつけて仕上げる
表紙付け

コピーに表紙を付けることができます。給紙元を変更して、原稿の1 ページ目および最 終ページをカラー紙や厚紙にコピーすることも出来ます。



コピーイメージ31 OHPを出力する時に紙を挟んで仕上げる
OHP合紙モード

OHP フィルムを多数枚コピーする際、自動的に用紙がフィルムの間にはさみ込まれる機能。OHP フィルムは2 枚、3 枚と重なると静電気のために取り扱いが難しくなるのを防ぐ効果があります。また、フィルムの間に挟んだ用紙にもコピー(コピー合紙)あるいはフィルムの間に挟んだ用紙を白紙のまま排出(白紙合紙)の選択も可能です。



原稿を複合機に保存して活用する
コピーイメージ32 複合機に原稿を登録し必要な時に出力する。
蓄積共有ボックス

原稿を文書として登録、原稿が無くても、必要なときに必要な部数を出力することが可能です。よく使用するフォーマットなどを複合機に登録しておくと便利に活用出来ます。。



コピーイメージ32 登録した原稿と組み合わせて出力する。
ジョブ結合ボックス

OHP フィルムを多数枚コピーする際、自動的に用紙がフィルムの間にはさみ込まれる機能。OHP フィルムは2 枚、3 枚と重なると静電気のために取り扱いが難しくなるのを防ぐ効果があります。また、フィルムの間に挟んだ用紙にもコピー(コピー合紙)あるいはフィルムの間に挟んだ用紙を白紙のまま排出(白紙合紙)の選択も可能です。


二度手間を防ごう!(再コピー/プリント編)
コピー終了後に再度コピーが必要となったとき、追加出力することができる機能です。作業完了後、急遽追加部数が必要になった際、原稿読み込み・機能指示など設定が全く同じであれば、ボタンひとつで作業が開始されます。これであれば、後輩にすぐ頼んで作業してもらうことも可能です。さらに、機密保持が必要な場合、コードを設定することも出来ます。

操作手順

対象製品:KM-C2520/KM-C3225/KM-C3232

1 [機能リスト]キーを押し、[▼次へ]キーを押してください。
2 [再コピー]キーを押してください。
3 [設定する]キーを押してください。
セキュリティを設定する場合は、[テンキー]キーを押して、再出力コードを入力してください。
設定画面
4 原稿をセットし、[スタート]キーを押してください。コピーが開始され、再コピージョブとして登録されます。

よく使う機能設定を登録する
コピーイメージ32 よく使う機能を登録キーに割り当てる
機能登録キーの設定

頻繁に使う機能を、[機能リスト]画面、[カラー機能]画面の中から登録。3 つまで機能登録キーに登録出来ます。([基本]画面、[ユーザ機能]画面の機能も登録可能。)



コピーイメージ32 機能設定を登録して定型作業を効率化
プログラムコピー

操作パネルに表示しているモードおよび機能の組み合わせを8 種類まで登録できます。よく使用する機能をひとつのプログラムとして登録しておけば、プログラム番号を押すだけでその機能を呼び出せます。また、プログラムには名称を付けることができます。