コピー機リースで経費削減!コピー機.net

コピー機販売業界の激安の殿堂サイト

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅳ C2263
よりコンパクトでより静かに、さらに身近で快適なオフィスワークを実現するカラー・モノクロ複合機
詳しくはこちら

img-01-01.png
富士ゼロックス DocuCenter-Ⅴ C7775/C6675/C5575/C4475/C3375/C2275
「人検知」「顔認識」の2つのカメラで利用者の顔を認識し
「個人メニュー画面」を呼び出す新機能搭載フルカラーデジタル複合機

詳しくはこちら

ind_pic_mfx3600.jpg
muratec MFX-3600
フルカラースキャナー搭載・デジタルモノクロ複合機
詳しくはこちら

photo_c3680.jpg
muratec MFX-C3680/MFX-C2880/MFX-C2280
ネットワーク対応・デジタルカラー複合機
詳しくはこちら

スキャナ

原稿をキレイにスキャンする
画質の調整について
原稿の画質

原稿の種類に合わせて、画質を選択する事ができます。 (文字+ 写真)文字と写真が混在する原稿を読み込む場合 (写真)写真原稿の立体感を出す場合 (文字)えんぴつや細線をくっきりと再現する場合 (OCR) OCR アプリケーションソフト(文字をテキストデータに変換するソフトウェア)用画質にする場合。 ※E メール送信時は、[写真]を選択できません。



読み込み濃度を好みに合わせて調整する
読み込み濃度

スキャン画像の濃度調整。濃度調整は7段階または13段階にて手動で調整または、自動調整あり。



スキャンイメージ8 画像の輪郭の強弱を調整する
シャープネス調整

画像の輪郭の強弱を調整出来ます。



スキャンイメージ9 カラー原稿の地色に合わせた濃度調整
地色調整

カラーの原稿の地色が濃い場合に薄く補正出来ます。



スキャンイメージ10 原稿を白黒で読み込む
白黒選択

白黒でスキャンする際に、白黒2階調か白黒グレーを選択。 (白黒2階調)1画素に対して、白か黒の2色で画像を表現。カラーや白黒グレーと比べてファイルサイズが小さくなります。 (白黒グレー)カラー情報は保持不可だが、白黒を中間調で表現。画像は滑らか、きめ細かく表現。



スキャンイメージ11 画像を中央に移動してコピー
センター移動

上下または左右に余白が均等になるように画像をセンターに移動。原稿サイズと送信サイズの設定が変倍である場合、サイズによってはスキャン時に用紙の下側または左右どちらかに余白ができるがそれを防ぐ効果があります。



スキャンイメージ12 原稿まわりの黒枠を消去してコピー
枠消し

原稿のまわりにできた黒い枠(シート原稿・ブック原稿)を消去。枠消しの上下左右幅指定も可能です。



付属ソフトウェアについて
スキャンイメージ15 PCで複合機からスキャンした原稿を読み込む
Scanner File Utility

Scanner File Utility は、スキャナで読み込んだ画像イメージをコンピュータで受信し、指定したフォルダに保存するユーティリティです。Scanner File Utility は、スキャナから受信した画像イメージをコンピュータ上で保存します。Scanner File Utility のインストール後はコンピュータの起動と同時にユーティリティも起動します。タスクバー上には、起動中を示すアイコンが表示され、スキャナからのデータを常時待ち受けます。コンピュータでの操作は、任意の保存先フォルダやフォルダパスワードを事前に設定するだけです。あとはスキャナからの操作で指定したフォルダに画像データを保存することができます。



スキャンイメージ16 配信先を登録編集する
アドレス帳for Scanner

スキャナのアドレス帳(共通アドレス帳)の登録、編集をはじめ、ネットワーク設定、スキャナ機能の初期設定などを行う。管理者がアドレス帳のメンテナンスなどをおこなう場合に使用。対応スキャナが複数存在している場合、それら全てのスキャナに同じ送信先リストを設定することも可能です。



スキャンイメージ17 管理者用のスキャナ管理ソフト
Address Editor

スキャナのアドレス帳(共通アドレス帳)の登録、編集をはじめ、ネットワーク設定、スキャナ機能の初期設定などを行う。管理者がアドレス帳のメンテナンスなどをおこなう場合に使用。対応スキャナが複数存在している場合、それら全てのスキャナに同じ送信先リストを設定することも可能です。



スキャンイメージ18 TWAIN対応ソフトの使用時に使う
TWAIN Source

スキャナからの画像の取込みは、TWAIN 対応アプリケーションから操作を行い、スキャナで読み込んだ画像イメージをTWAIN 対応アプリケーションに取り込むことを可能にするユーティリティです。



スキャンイメージ19 インデックスを付けてデータベース登録時に使用する
DB Assistant

本体で読み込んだ画像イメージをコンピュータ上で、検索に利用可能なキーワード追加(KM-DB アシスト)、また、文書情報としてCSV ファイルの作成(データベースアシスト)の2 つの機能を設定するユーティリティです。これらの機能はスキャンした画像を整理または、データベースなどで管理する場合に必要となります。



スキャンイメージ20 PCで簡単にスキャンデータを管理出来る
PaperPort Deluxe

PaperPort Deluxe日本語版は、紙文書や写真をデジタルファイルに簡単に変換し、それらを見慣れたエクスプローラー上で鮮明なサムネイルとして視覚的に管理することができます。 またデジタル文書のスタンダードであるPDF形式への変換や、簡単で使いやすい各種編集機能、またファイルをドラッグ・ドロップするだけで、誰でもどこでもデータを共有できるなど、 PaperPort Deluxe日本語版を使えば、無駄な時間を節約して、文書や画像データの整理、編集、共有をスムーズに行えます。デスクトップの整理整頓から、社内文書の各種プロセスの手助けをします。



冊子やサイズ違い原稿をスキャンする
自動原稿送りに通せない、冊子などをスキャンする
連続読み込み

原稿を読み込んだ後に、継続して新しい原稿を読み込むことが可能。継続して読み込む場合、選択可能が表示。オプションの原稿送り装置を使用しなくても、ページ順に並び替えたPDFを作成することができます。また、原稿枚数が多くて、一度に原稿送り装置にセットできない場合でも、数回に分けて原稿送り装置から読み込み、一括してPDF出力することができます。このモードを使用する場合は、[読み込み終了]キーを押すまで原稿を読み込み続けます。



スキャンイメージ13 読み込み濃度を好みに合わせて調整する
読み込み濃度

オプションの原稿送り装置に原稿をセットする場合、サイズが異なる原稿でも一括して読み込むことが可能です。



特別なPDF出力について
1ページづつPDFを送信する
ページ枚出力

一度に読み込んだ原稿を1 ページごとにファイルを作成し、送信出来ます。



スキャンイメージ14 PDFを暗号化してセキュリティ向上する
PDF暗号化機能

ファイル形式でPDF または高圧縮PDF を選択した場合、暗号化が可能。文書を開く・文章を操作する、ではパスワード設定。画像とその他内容について変更・印刷の許可を設定。 ※オプションのPDF アップグレードキットが必要。



スキャンの種類について
スキャンイメージ1 自分のPCに保存する
PC送信

スキャンした原稿をPDFやJPG形式でコンピュータへ送信し、任意のホルダーに保存することが出来ます。



スキャンイメージ2 ダイレクトにeメールで配信する
E-Mail送信

操作パネルに表示しているモードおよび機能の組み合わせを8 種類まで登録できます。よく使用する機能をひとつのプログラムとして登録しておけば、プログラム番号を押すだけでその機能を呼び出せます。また、プログラムには名称を付けることができます。



スキャンイメージ3 サーバー(FTP)に送る
FTP送信

スキャナで読み取った画像データをあらかじめ登録したFTP サーバにアップロード出来ます。



スキャンイメージ4 インデックスを付けて文書管理する
データベース連携

スキャンした原稿を画像データとともに、文書情報もコンピュータへ送信します。文書データをデータベースと連携させることで、膨大な文書情報も容易に検索可能となります。



スキャンイメージ5 画像編集ソフトなどで取り込む
TWAIN

TWAIN 対応アプリケーションから操作を行って、スキャナで読み込んだ画像イメージをTWAIN 対応アプリケーションに取り込むことが出来ます。



紙の保管スペースの節約!
スキャナで読み取った画像データを、フォルダに送信することができる機能です。もちろん、指定フォルダはあらかじめコンピュータ登録しておかなければいけません。よくネットワークで会社の共有資料を保存している場合、一度取り込んで保存して・・・というのは手間がかかりますよね。また、紙ベースの原稿なら尚更面倒。他のひとの閲覧が終わるまで確認できないし、大量の資料の中に埋もれていると見つけ出すのにひと苦労です。そんな時、使ってほしいのがこの機能。紙資料をスキャンしておき、PDFデータ化して各項目に分類したフォルダに格納しておけば、閲覧するだけでなく、データの送信などにも便利です。また、検索機能もつけることができます。

操作手順

対象製品:KM-C2520/KM-C3225/KM-C3232

(PC送信を行う前に)
1 自分のPCにScanner File Utilityを付属CDもしくはダウンロードしてインストールして下さい。
http://www.kyoceramita.co.jp/download/index.html
2 管理者の方に、複合機本体にあなたのPCのIPアドレス、登録名称と保存先番号を登録してもらって下さい。


(Scan to PC の流れ)
3 原稿を複合機本体でスキャン。
4 スキャンデータがネットワークを経由して、自分のPCと通信します。
5 Scanner File Utilityで設定した保存先ホルダーに画像データが保存されます。


1 自分のPCで、Scanner File Utilityの起動を確認して次の操作を行って下さい。
操作パネルの [スキャナ] キーを押してください。タッチパネルにスキャナ機能メニューが表示されるので、[E-Mail 送信] キーを押してください。
2 送信元(ユーザ)を選択してください。直接番号キーを押すか、テンキーでユーザ番号を入力して[設定]キーを押してください。

※ユーザ登録時にパスワードを入力していればパスワード入力画面が表示されます。パスワード入力後、[設定]キーを押してください。正しいパスワードであれば、スキャン設定画面が表示されます。
3 送信元(自分)に保存する場合は、[ユーザPCに保存]キーを押してください。宛先欄に送信元(自分)が表示されます。
4 必要に応じて、各種読み込みやファイル形式の設定行って、原稿をセットし、[スタート]キーを押してください。原稿の読み込みを開始し自分のPCにPDFなどのデータとして保存されます。